前へ
次へ

騒音必須の外構工事前に近隣に挨拶をしておく

母屋の内側ではなく外側に位置するのがエクステリアですから、外構工事をするにあたり大きな音が出ることを想定しておく必要があります。住んでいる家族にとっては粉や塵が舞い散ったり、大きな騒音がするのは承諾済みですが、近隣の家はそうはいきません。静かで穏やかな日々を過ごす近隣の人達にも、外構工事をするにあたり挨拶をしておくことです。何も知らせないままで業者が工事を開始すると、急に騒音が響くことになるので近所の人は驚きますし、迷惑に感じてしまいます。地域とのつながりが昔ほど濃密ではないとしても、住民として出来るだけ仲良くお付き合いをしていきたいとは、誰もが願っていることです。家の両隣と共に真後ろの3軒は挨拶をしておきますが、道幅がかなり狭いのであれば表側の1軒にも挨拶を済ませておきます。少し大掛かりな工事を予定している時には、念には念を入れて隣接をする家のだいたい3軒先くらいまでは挨拶をすることです。

Page Top