前へ
次へ

玄関を隠すための外構工事の必要性

住宅の顔ともいえるのが玄関かも知れません。設計事務所などが用意する建築例だと玄関をよく見せるためのパンフレットなどがあり、それを見て自宅もそうした作りにしたいと申し出ることがあります。当然その通りに作れば外からの見た目はパンフレット通り良くなりますが、実際に住もうとすると厄介な問題点があることに気づくでしょう。玄関を開けるとすぐに道路があり、道路を歩いている人とすぐ目が合う状況になっていました。玄関で簡単な準備もできませんし、毎日のことなので気になる人もいます。そこで玄関を隠すための外構工事を考えてみましょう。すでに建物が敷地いっぱいに建てられているなら外構工事に関しても選択肢が狭まります。単に塀などをつければ出入りがしにくくなって住みにくい状態になります。また玄関を隠そうとすると玄関が全く見えなくなり、防犯のことを考えるとあまりよくないケースもあります。完全に玄関を隠すのではなく、道路からの目線をうまく遮るような仕組みを考えてもらうと良いでしょう。

Page Top